2012年8月アーカイブ


1年間不登校でひきこもりだった私の息子が

わずか15日で笑顔になり

元気に学校に通うようになった方法を

公開したいと思います...。


From=佐藤直美
土曜日、茨城県日立市、10時25分あなたは、お子さんのことで何か悩みがありますか?

もし、あなたのお子さんが不登校で悩んでいるとしたら...
私の体験が、あなたの悩みを解決するヒントになるかもしれません。

私の息子が不登校の引きこもりから立ち直った、その事実だけをお話した
いと思います・・・

私は44歳の茨城県に住んでいる、ごく普通の主婦です。私の息子は不登校でひきこもりでした。
「学校行かないつもり!」と言う私に対して、はじめのうちは裕太も「頭が痛いから・・」
「気持ちが悪い・・」と言っていましたが、
やがて何も言わず、布団にもぐっているだけ。

「裕太、いつまでも学校行かないと落第しちゃうよ!」

わたしが布団をはがそうとしても、
必死にもぐりこみ、けっして出て来ようとはしませんでした。
しかし、彼女はこの数年の間に、
自分の娘の不登校に苦しみ、

そして、「ある方法」で子供を不登校から立ち直らせた、ということなのです。私は彼女から「ある方法」を教えてもらいました。

なんと彼女の娘もひきこもりの不登校だったのです。
私は迷った末、私たち家族に起こった出来事、

そして、私たちを救ってくれた「ある方法」を

ひろみちゃんに伝えました。
「今日、なつみが学校行ってくれたの!
お姉さん、ありがとう!」

ましてや、私も友人も全くの素人です。

子供の悩みや不登校に関する本を2,3冊読んだ事があるに過ぎません。
主人とも、まるで新婚の頃に戻ったように、良く話をするようになりました。
私はこの方法を、今現在お子さんの不登校やひきこもりで悩んでいる、お父さん、お母さんに
お伝えしたいのです。
こんな事を言うと無責任だと思われるでしょうか?しかし、たとえ同じ「不登校」、「ひきこもり」と言っても、
私の息子や妹の娘と、あなたのお子さんとでは、環境や年齢も違います。

また、性格や不登校になった原因も違うと思います。

ですから、私の息子が不登校から立ち直ったからと言って、
あなたのお子さんにも同じ結果が出るとは言い切れないのです。

私はその事よりも、一人でも多くの不登校で悩むご家族に、
このレポートを読んでいただきたいのです。そして、このレポートをお読みになったご家族の中から、
たった1家族でも不登校から救う事が出来たとしたら・・・私にとって、こんなにうれしい事はありません。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
不登校・ひきこもり脱出レポート

はやる気持ちをおさえて、まずはこの方法を試された方の声をお聞き下さい。
ご覧の通り、野菜作りの初心者が、自宅で簡単においしい野菜を育てることに
成功しています。
でも、これはまぎれもない事実です。
これまでこの方法で500名以上の人たちが、家庭菜園を簡単に成功させています。
現在、栃木県那須塩原にて農業、野菜直売所を経営しております。
私は30年以上にわたり家庭菜園についての研究と活動を行ってまいりました。

「野菜作りをやってみたい・・・でも、高価な道具や材料が必要なんですよね。」
「野菜を作れるような、専門の知識や技術がないから無理だよな・・・」

また、本屋さんで売っている家庭菜園の方法や野菜作りの方法で、野菜作りを成功させようとしても、「なかなか上手くいかない」「まったくできない」「続かない」といったこともよく耳にします。

一般的に家庭菜園を成功させる方法は、高度な専門知識や専門技術を身につけるしかない...と。

しかし、私は「本当に誰もが簡単に野菜作りを成功させることは出来ないのか」という課題を掲げ30年間研究し続けました。
と、飛び上がったことを今でも覚えています。
野菜栽培の常識や先入観を捨てて野菜との会話のみを信じた中で発見です

そして、ドキドキしながらも、
その'あること'を実際に野菜作りで悩んでいる人たちに試してもらうことにしたのです。
そしてこの家庭菜園の方法にはすごいところがまだあります。
素人にも簡単にでき、無農薬で安全な美味しい野菜が作れるのです。

最近では家庭菜園教室や家庭菜園通信講座なるものが沢山あります。
このような教室や講座について説明するとこのような教室や講座は一般的にプロの野菜作りのやり方をそのまま家庭菜園へともってきたものがほとんどで作る野菜の種類によってひとつひとつ土作りからしなくてはなりません。

野菜の種類によって、一つ一つ色々な土を配合しこのような土作りをするのは素人や初心者には困難です。

私のところに相談にくる人たちのほとんどが、この土作りの段階でうまくいかずに悩んでいる方が多いのです。

「野菜作りは成功させたいけど・・・土作りは面倒だ」
「土作りはやりたいけど・・・難しい知識や専門技術が必要だ」

あなたもこんな気持ちになったことはありませんでしょうか?

最近ではTVなどでも家庭菜園の番組を放送しているので、その通りやれば100%野菜が育てられると思うかもしれませんが絶対にそんな保証はありません。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
週たった10分で簡単、家庭菜園を成功させる方法


あなたは、「視力は一生治らない」と悩んでいませんか?

実は、視力は「ある方法」さえ実践すれば、
簡単に回復できるのです。


裸眼視力が ≪0.4≫ しかなかった男性が、
わずか20日間で、≪1.0≫ にまで回復!

もちろん、メガネやコンタクトの矯正視力ではありませんし、
レーシック手術を受けたわけでもありません。


こんなこと、あなたは信じられますか?

でも......これは、まぎれもない事実です!

その、驚異の視力回復を遂げた男性はこちらです。

⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法


年間2万人にのぼる患者を診察し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
多くの方の視力回復を成功に導いてきた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほんべ眼科クリニック院長・眼科医師・本部千博が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳科学に即した視点から生み出した、確かな視力回復法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今だけの「期間限定」公開ですので、
見逃さないでください。

今すぐご覧ください⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法 


本部先生は、

「ほんべ眼科クリニック」を開業している現役の眼科医師で、
年間におよそ2万人の患者さんを診察されています。


クリニックに訪れる患者さんのほとんどが、


「もう、歳だから...」
「遺伝だから仕方がない」
「これ以上悪くなればレーシック手術で...」

などの、視力の悩みをお持ちです。

多くの眼科医も、メガネを掛けて視力が1.0以上あれば
問題のない健康な目であるように言います。


でも、本当にそうでしょうか?


本部先生は長年、こういう診断に疑問を持たれていました。


健康な目とは、本来は
「裸眼で普通に暮らせる状態」のことです。


もしかすると、あなたも
こんな考え方を持っていませんか?


▼ メガネやコンタクトを装用すれば問題ない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目の悪い人の多くは、メガネやコンタクトを装用して
視力を補正しますよね。

「だって、見えないんだからそうするしかないでしょう?」


でも......

「メガネやコンタクトを装用し続けた結果、
ますます視力低下が進行してしまう」

可能性が高いとしたらどうでしょう?


「え?そんなことがあるの?」


はい。
あります。


メガネやコンタクトは確かに便利ですが、
結果的に、あなたの目を甘やかしてしまうのです。


見えないことが当り前、
メガネやコンタクトが当り前、

......という状態になると、


あなたの目は自分で運動することをやめ、
「視力を回復しよう」という力を奪ってしまうのです。

そればかりか、その「見え過ぎる」状態が
さらに視力低下の進行を進めることにもなります。


「最近、メガネの度が進んで......」

これを繰り返しているうちに、
あなたの目はどんどん力を失い、

見えなくなってしまうのです。

⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法


▼ これ以上悪くなればレーシック手術を受ければいい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近流行の「レーシック手術」

「友だちがレーシックを受けて......
私も受けようかな......?」


でも、ちょっと待って下さい。
レーシック手術は万全ではありません。


「でも......安全な手術って聞いたけど?」


それは大きな勘違いです。

どんな手術でも、外科手術に100%の安全はありません。
ましてや、デリケートな角膜を削るのです。

リスクは当然ですよね。

失敗したときに取り返しのつくものでもありません。


「え?失敗することってあるの?」

レーシック手術を受けたからといって、
誰でも目標視力を達成できるとは保証されていません。

中には、手術前の矯正視力の方が良かったという場合もあります。


成功するか失敗するか、
結果はやってみないと分からない......というのが本当のところです。

あなたは、そんなリスクを冒しても
多大なお金を支払って、レーシック手術を受けたいですか?


もしも、手術を受けなくても裸眼生活を取り戻せる方法が
あったとしたら......?


⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
 


お金を掛けなくても、

手術をしなくても、

誰でも簡単に、

視力を回復させる方法があるのです。


詳しくは今すぐこちらをご覧ください。

⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法


PS

数量限定の「無料」プレゼントもありますので、
急いで確認してください。

クリック⇒ 1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。